おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

ASP(エーエスピー)

ASP(エーエスピー)

  • ASPは、インターネット上(ネットワーク経由)でアプリケーションサービスを運営するプロバイダー(事業者)のこと

ASP(エーエスピー)とは【Application Service Provider:アプリケーション・サービス・プロバイダー】の略称で、インターネット上(ネットワーク経由)でアプリケーションサービスを運営するプロバイダー(事業者)のことです。プロバイダーはインターネットを通してアプリケーションサービスを提供します。

アプリケーションサービスとは、ASPが提供するASPサービスのことです。このサービスの特徴は、従来のパッケージソフトのようにパソコンへ直接インストールし、パソコンのハードディスクからソフトを稼動させる形態とは異なり、インターネット等のネットワークを経由し、WebブラウザInternet ExplorerSafariChromeなど)などを通してユーザーにソフトウェアサービスを提供することです。

現在、ASPサービスとして提供されているアプリケーションの種類は多様で、スケジュール管理、メール管理、掲示板、などから、財務管理、プロジェクト管理、ホテル予約管理などの大規模なアプリケーションも存在し、従来はパッケージソフトで提供されていたソフトのASP化が日進月歩で進んでいます。

このサービスの最大のメリットは、必要な機能を必要な時に利用でき、利用した機能、量や期間でサービス料金を支払うことが出来きる点です。一時的な人員の増減や処理量の増減にも臨機応変に対応できます。サービス利用者が自身でアプリケーションの保守・管理を行う必要がなく、技術的なトラブルから開放され、また、コストも削減することも可能です(長期で利用した場合は割高になる可能性もあります)。ソフトウェアは常に最新の状態にメンテナンスされているのもASPサービスの大きなメリットです。デメリットとして、ネットワーク回線やサーバー機器の障害によりサービスが利用できなくなったり、機密情報が外部へ流出するセキュリティー上の懸念があります。また、ユーザー個別の仕様変更には通常対応できません。

ASPサービスは、クラウド(クラウドコンピューティング)SaaSなどと言われる場合もあります。



コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ