おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

クラウド(クラウドコンピューティング、cloud)

クラウド(クラウドコンピューティング、cloud)

  • クラウドはネットワークを介してデータ保存領域やアプリケーションサービスなどコンピューターリソースを利用する形態の1つ

クラウド(クラウドコンピューティング、cloud)とは、インターネットやネットワークを介して、データ保存領域やアプリケーションサービスなどハードウェア、ソフトウェアの様々なコンピューターリソースを利用する形態の1つです。cloudは、雲、集団などを意味する英単語です。IT業界では、ネットワーク上の向こう側を雲の図で表現することが多くあり、クラウドコンピューティングと呼ばれる由来となりました。クラウドコンピューティングの定義では、ネットワーク(Network)、サーバー(Server)、ストレージ(Strage)、アプリケーション(Application)、サービス(Service)などのコンピューティングリソースに対して、オンデマンドでアクセスでき、効率的に提供され利用できるモデルの1つとされています。

これまでは、例えば、写真や動画、テキストなどの各種ファイル、メールデータなどをユーザー自身のコンピューターのハードディスク内に保存していました。また、ソフトウェアなどは、パッケージソフトを購入してCD-ROMなどの媒体から直接自身のコンピューターにインストールし、利用する場合は、インストールされたソフトウェアをコンピューターのハードディスク内から起動して利用していました。これに対してクラウドコンピューティングでは、インターネットやネットワーク上のストレージ(保存領域)やサーバーが提供するアプリケーションサービスなどのコンピューターリソースを利用することで、従来自身のコンピューター内のリソースであったものを、クラウドコンピューティングのリソースが対応するモデルになっています。

クラウドサービスの種類は大きく3つに分かれます。SaaS(サース、サーズ)、PaaS(パース、パーズ)、IaaS(イアース)です。SaaSでは、インターネットを介してソフトウェアサービスを提供します。有名なサービスにGoogle Docsがあります。PaaSは、インターネット経由で、プログラム言語(Python、Javaなど)の実行環境を提供し、アプリケーション開発用プラットフォームを提供します。有名なサービスにGoogle App Engineがあります。IaaSは、インターネットを介して、ハードウェアリソースを提供するサービスです。サーバー仮想化やストレージサーバーなどホスティング業者のクラウドサービスなどはこれに当たります。有名なサービスにAmazon EC2があります。

PaaS(パース)や SaaS(サーズ)がアプリケーションなどソフトウェア環境に重点を置いたサービスに対して、IaaS は、機器や回線などのハードウェアリソースの提供が中心のサービスです。

クラウドは、誰もが利用できるサービスをパブリッククラウド、企業など組織内で利用する場合をプライベートクラウドと呼ぶ場合があります。また、Webサイトやブログなどで、ページや記事に対して、その内容に関連するキーワードをタグとして関連付けることがあります。これは情報の分類法の1つで、このように多くのページや記事に関連付けれたタグ群をタグクラウドと言います。

クラウドコンピューティングの利点は、提供側とユーザー側で異なります。提供側は、開発や運営の効率化からコストダウンを図ったり、多数のユーザーでソフトウェアやハードウェアを共有させることでスケールメリットを享受できます。ユーザー側は常に最新状態のサービスを享受でき、ソフトウェアやハードウェアの保守・管理から解放されます。反面、共有してリソースを利用しているので、差別化が困難であり、個別のユーザーニーズに合わせたカスタマイズなどは出来ません。また、事業者の機器や通信回線などの障害が発生した場合に、サービスが利用できなくなることや、機密情報が外部へ流出するなどのセキュリティー上の問題などもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ