おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

DNS(ディーエヌエス、Domain Name System)

DNS(ディーエヌエス、Domain Name System)

  • DNSは、IPアドレス(ネットワーク上の機器を識別番号)に対すドメイン名(ホスト名)を関連付けるシステム

DNS(ディーエヌエス)とは【Domain Name System:ドメイン・ネーム・システム】の略称で、DNSサーバー、ネームサーバーとも呼ばれます。DNSは、IPアドレス(ネットワーク上の機器を識別番号)に対するドメイン名(ホスト名)を関連付けるシステムです。

例えば、ドメイン名「aiueo.com」に対応するIPアドレスは「123.45」だとします。この場合、ユーザーがドメイン名「aiueo.com」と検索したものが、「12345」というIPアドレスに対応します。そして、ドメイン名「aiueo.com」とIPアドレス「123.45」が同一機器を指し示しているという情報を保持し、「aiueo.com」と検索したユーザーが「12345」というIPアドレスの機器にたどり着けるように関連付ける処理を行うのがDNSになります。ドメイン名に対するIPアドレスを関連付けることを名前解決と呼びます。

ドメイン名は、人間が分かりやすいように「文字列」形式で表現されたものであり、IPアドレスはコンピュータにとって都合が良い、「数字の羅列をピリオドでつなげた形式」で作られたものです。数字の羅列であるIPアドレスは、人間にとっては覚えにくくとても不便なものなのですが、コンピューターには都合が良い識別形式になります。逆に文字列の羅列は人間にとって都合が良く、コンピューターにとっては不都合なものになります。これらの2つの異なる形式を繋ぎ合わせるDNSは、インターネットの世界を作るのになくてはならない大切なシステムです。

現在インターネット上にて運用されているほとんどのDNSサーバーが、BIND(バインド)【Berkeley Internet Name Domain】というサーバーソフトウェアで構築されており、このソフトはUCB(カリフォルニア大学バークリー校)で開発されたものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ