おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

httpd(エイチティーティーピーディー)

httpd(エイチティーティーピーディー)

  • httpdはUNIXシステムにおいて常駐するWebサーバー(httpサーバー)プログラムの総称

httpd(エイチティーティーピーディー)とは【Hyper Text Transfer Protocol Daemon:ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル・デーモン】の略称で、UNIXシステムにおいて常駐するWebサーバープログラムの総称です。httpdは、クライアント(Webブラウザなど)からの要求に応じて、Webサーバー内に蓄積されているHTMLファイルや画像データなどの送信やCGIスクリプトを実行するなどの役割を担っています。

httpd の d とは、HTTPを処理するバックグラウンドのソフトウェア、DAEMON(デーモン)の事です。

httpdの代表的なものとしては、オープンソースのフリーソフトウェアであるApache(アパッチ)を始めとし、CERN(セルン) httpd、NCSA httpdなどがあります。現在最も普及している httpd は Apache です。

Apacheは、Apache License(アパッチ・ライセンス)の元でオープンソースのフリーソフトウェアとして配布されており、商用のWebサーバーでも無償で利用することが出来ます。とても高性能であ、SSL対応機能やプロキシー機能などをモジュール(ハードウェアやソフトウェアを作っている部品)として追加可能であり、拡張性に優れています。また、複数のOS(オペレーティング・システム)をサポートし、各OSに最適化させるMPM(マルチ・プロセッシング・モジュール)という仕組みを持っています。このような理由で、Apacheは非常に人気があり世界で最も広く利用されています。

CERN httpdを開発したCERN(欧州原子核研究機構)は、WWW(World Wide Web、ワールド・ワイド・ウェブ)という、インターネット上で提供されている、「ハイパーテキストシステム」も開発しています。

NCSA httpdはNCSA(米国立スーパーコンピュータ応用研究所)によって開発されたhttpdです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ