おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

HTTPリダイレクト(HTTP redirect、エイチティーティーピー・リダイレクト)

HTTPリダイレクト(HTTP redirect、エイチティーティーピー・リダイレクト)

  • HTTPリダイレクトは指定したページから違うURLのページへ自動転送(リダイレクト)されること

HTTPリダイレクト(HTTP redirect、エイチティーティーピー・リダイレクト)とは、HTTPにおいてWebサーバーからクライアントへ送信する応答の一つであり、指定したページから違うURLのページへ自動転送(リダイレクト)されることです。URLリダイレクト(URL redirection)とも言われます。HTTPはWebブラウザとWebサーバーの間で、HTML文書などのデータ通信を行うプロトコル(通信規約・通信手順)です。

例えばHTTPリダイレクトを利用することで、WebページのURLが変わった際などに、変更前のURLにアクセスしたユーザーに対して新しいURLへ誘導することが出来ます。

HTTPリダイレクトはHTTPヘッダー(WebブラウザからWebサーバーへ送信するHTTPリクエストに含まれる2行目以降の情報)にあるHTTPステータスコードでリダイレクトの内容を指示し、Locationヘッダーで移動先を記述します。これは、Webサーバーの設定ファイルやCGI等で指定できます。Apacheの場合であれあば、httpd.confファイルや.htaccessファイルに指示内容を記述します。

HTTPリダイレクト用のHTTPステータスコードには、301 と 302 があり、それぞれ異なる意味を持っています。

  • ページが完全に移動した場合には、[301 Moved Permanently]を用います。
  • 一時的に移動している場合には、[302 Moved Temporarily]を用います。

ちなみにHTTP1.1では、[302 Moved Temporarily]が[307]に変更されています。

現在のWebサーバーは、ほとんどの場合で自動的にこのステータスコードを認識する事が出来る為、勝手にリダイレクト先のURLへのアクセスを開始します。

HTTPリダイレクトの他に、HTMLファイル内にリフレッシュ命令を組み込む方法があります。
HTMLのMETAタグによるリダイレクトのコードの例です。

<META HTTP-EQUIV="Refresh" CONTENT="3; URL=http://www.example.com/">

「3秒後にhttp://www.example.com/へジャンプする」を意味しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ