おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

IPv4(アイピーブイフォー)

IPv4(アイピーブイフォー)

  • IPv4はIPの一種であり、インターネット上のコンピューター間でデータのやり取りを行う際に使用するプロトコル(通信規約・通信手順)

IPv4(アイピーブイフォー)とは【Internet Protocol Version4:インターネット・プロトコル・バージョン4】の略称で、現在使われているIP(インターネット・プロトコル)の一種です。IPとは、インターネット上のコンピューター間でデータのやり取りを行う際に使用するプロトコル(通信規約・通信手順)です。IPv4で管理されているアドレス資源は2進数を用いており32ビットで構成されています。これで対応出来るアドレスの最大数は42億9496万7296台です。これは識別できるコンピューターの数に当たります。Ipv4では、0から255までの10進数の数字を4組に分割して「.(ドット)」で繋いで表記します。1組8ビットで合計4組で32ビットになります。例:「192.168.0.1」「203.216.243.240」

しかし、近年急速に発展したインターネット上では、さらに多くのアドレスが必要となっているため新たにIPv6が開発されました。IPv6ではアドレス資源を128ビットで管理するため、対応出来るアドレス総数が 京 を超えます(340兆の1兆倍の1兆倍)。現在使われているIPは、バージョン4であるIPv4と、バージョン6であるIpv6が混在している状態です。

IPv4からIPv6への移行は徐々に進んでいますが、IPv4とIPv6の間で互換性がないという大きな問題があります。その為、IPv6のネットワークにIPv4のインターネット網から、アクセスが出来ないなどの障害も発生し、ソフトウェアのアップデートなどの対応策が施されています。

しかしながら、2012年6月6日には「World IPv6 Launch」として、主なインターネットサービスを一斉にIPv6に完全移行させるイベントが実行されました。今後もIPv6に対応したインターネットサービスが拡大してゆくでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ