おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

ルートディレクトリ(Root Directory)

ルートディレクトリ(Root Directory)

  • ルートディレクトリはツリー型(階層型)構造を成しているディレクトリ(フォルダ)の一番上の階層のこと

ルートディレクトリ(Root Directory)は、ツリー型(階層型)構造を成しているディレクトリ(フォルダ)の一番上の階層を示すものです。Windows OS や UNIX系 OS では、ディレクトリ(フォルダ)構造は、ツリー型(階層型)構造になっており、その最上位階層をルートディレクトリと言います。

ツリー型構造では、すべてのディレクトリやファイルはルートディレクトリに行き着きます。その意味では、ルートは「道筋」ではなく「根本」という意味として使われています。ルートディレクトリ以外のすべてのディレクトリはサブディレクトリ(Sub Directory)と呼ばれます。

すべてのファイルを格納しているハードディスクなどがこれにあたります。Windows の場合はハードディスクのパーティションを区切ることが出来るので、パーティションで区切ったドライブ毎にルートディレクトリがあります。UNIX ではパーティションの分割は行われずルートディレクトリは1つのみとなります。

Windows OS と UNIX OS ではディレクトリのパス情報の表記が異なります。Windows の場合ルートディレクトリを表すのは「c:\」と記述します。UNIX の場合は「/(スラッシュ)」と表記します。また Windows の場合はパーティションを区切ったドライブにもルートディレクトリが存在するので、「D:\」や「E:\」という表記もあります。UNIX の場合はパーティションは区切らないのでルートディレクトリは「/(スラッシュ)」の1つです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ