おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

SSI(エスエスアイ)

SSI(エスエスアイ)

  • SSIはHTML文書に組み込まれたコメントをWebサーバー側で実行し、実行結果をコメント部分に出力する機能

SSI(エスエスアイ)とは【Server Side Include:サーバー・サイド・インクルード】の略称で、HTML文書に組み込まれたコメントをWebサーバー側で実行し、実行結果をコメント部分に出力する機能のことです。クライアントはHTML文書のコメントに出力された実行結果をWebブラウザを通して受け取ることが出来ます。CGIなどの技術と同様に、動的なコンテンツを生成することが出来ます。

SSIを使用するには、WebサーバーがSSIをサポートしている必要があります。SSIを利用することで、全HTMLファイルに同一のヘッダーやフッターを表示させたり、カウンターを設置することが可能になります。

SSIのサンプル

<HTML>
<HEAD><TITLE>SSI Sample</TITLE></HEAD>
<BODY>
<!--#include virtual="/common/head.html" -->

コンテンツ
コンテンツ
コンテンツ

<!--#include virtual="/common/foot.html" -->
</BODY>
</HTML>

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ