おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

SSL(エスエスエル)

SSL(エスエスエル)

  • SSLはインターネット上の情報通信を暗号化するプロトコル

SSL(エスエスエル)とは【Secure Socket Layer:セキュア・ソケット・レイヤー】の略称で、インターネット上の情報通信を暗号化するプロトコル(通信規約・通信手順)です。SSL通信を行うことによってインターネット上で安全なデータ通信を行うことが出来ます。近年ではインターネットの発展によって様々な情報が行き交っていますが、中には機密性の高い情報も多く含まれています。例えば、企業情報や個人情報、パスワード情報、クレジットカード情報などです。このような機密性の高い情報のやりとりをSSL通信で行うことで、暗号化による保護を受けることが出来ます。これにより第三者の「なりすまし」「改ざん」「事後否認」「盗聴」などを防ぎます。このプロトコルは、アメリカの Netscape Communications社 によって開発されました。

SSLの暗号化は、共通鍵暗号に基づき、デジタル証明書、秘密鍵暗号、ハッシュ関数などのセキュリティー技術を組み合わせて安全性を高め、データへの不正アクセスを防ぎます。

SSLは、特定のアプリケーション層プロトコルに依存しないため、多くのプロトコルに利用されています。HTTPFTP などのプロトコルを利用するアプリケーションソフトからも利用が可能です。

SSL通信を行っているWebページでは、ブラウザのアドレスバーに表示されているURL が 「https://・・・」と表示されます。https の s は(Secure:セキュア)を意味する s です。

このSSL(Version:SSL3.0)を元にして、TLS(Transport Layer Security:トランスポート・レイヤー・セキュリティー)が開発されました。TLSも暗号化通信プロトコルです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ