おすすめ 格安 レンタルサーバー 比較 星の数ほどあるレンタルサーバーから自分のサーバーを見つけよう!

TCP/IP(ティーシーピーアイピー)

TCP/IP(ティーシーピーアイピー)

  • TCP/IPはインターネット・イントラネット上でのデータ通信で使用する標準的なプロトコル

TCP/IP(ティーシーピーアイピー)とは【Transmission Control Protocol/Internet Protocol:トランスミッション・コントロール・プロトコル/インターネット・プロトコル】の略称で、インターネットイントラネット上でのデータ通信に必要なプロトコル(通信規約・通信手順)です。TCP/IPは、様々な種類のコンピューターや異なる種類のOS(オペレーティング・システム)においても通信を可能にします。このプロトコルは無料で開放されたオープンシステムです。インターネットの黎明期に定義され、UNIXに標準で実装されていることもあり、現在最も標準的に使用されています。汎用的なTCP/IPはインターネットを始め、多くの商用ネットワークでも利用されています。

現在のTCP/IPによるネットワーク網はLAN(Local Area Network)とインターネットが統合されてものです。WWW(World Wide Web)と共にコンピューター界に革新を与えました。

TCP/IPは、インターネット・プロトコル・スイートやTCP/IPプロトコル・スイートとも言います。なぜこのように呼ぶかというと、TCP/IPとはTCP(Transmission Control Protocol)という転送制御プロトコルとIP(Internet Protocol)という通信プロトコルを中心にしたプロトコル群一式から構成されているからです。TCP/IPは、様々な種類のコンピューターや異なる種類のOS(オペレーティング・システム)においてもネットワーキングを実現するために、多くの種類のプロトコル(通信方法・通信手順)が階層構造で構成されている通信プロトコル一式となっています。中心的な役割を担うプロトコルが TCP と IP であることから、TCP/IPと言います。

TCP/IPプロトコルは複数の階層に分かれています。この階層構造をTCP/IP参照モデルと言います。階層は4つに分かれています。「アプリケーション層」「トランスポート層」「ネットワーク層」「リンク層」です。このTCP/IP参照モデルの元になっているのが、OSI参照モデルです。これは、コンピューターが確実に通信機能を果たすために作られた階層構造に分割したモデルです。全部で7層あります。「第1層:物理層」「第2層:データリンク層」「第3層:ネットワーク層」「第4層:トランスポート層」「第5層:セッション層」「第6層:プレゼンテーション層」「第7層:アプリケーション層」1つの階層につき担当プロトコルが決まっています。IPは第3層(ネットワーク層)、TCPが第4層(トランスポート層)となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ